修理の依頼先|ロレックスをオーバーホールする意味|相棒の寿命を伸ばす
時計

ロレックスをオーバーホールする意味|相棒の寿命を伸ばす

修理の依頼先

歯車

定期的な修理

どんなに高性能なロレックスであったとしても、使い続けているうちに汚れがついたり、パーツが磨耗してきます。定期的にオーバーホールを行うことで、ロレックスの寿命を延ばすことができるでしょう。壊れてからだと修理代が高くついたり、場合によっては使えなくなることがあります。ロレックスのオーバーホールをどこに依頼するかですが、日本ロレックスに送るか、街の時計屋に修理に出す方法があります。日本ロレックスには、純正品のパーツが揃っていますが、街の時計屋だと取り寄せになるでしょう。オーバーホールをする前にどれぐらいの費用がかかるのか見積りを送ってもらえますが、日本ロレックスと街の時計屋とでは、数万円の開きがあります。

修理の内容

ロレックスのオーバーホールでは、部品の点検・修理・清掃が行われます。オーバーホールは、ロレックスを分解してから汚れた部分を洗浄し、すり減ったパーツを研磨し直します。故障した部品があれば、交換してもらえます。すべて終わったら、元の状態に戻さなければならないことから時間がかかります。故障の状態にもよりますが、オーバーホールの料金が高く、修理に日数がかかるのは、パーツの代金そのものが通常の時計のパーツより高いためです。街の時計屋に依頼した場合などは、適当なパーツを使われる可能性がありますが、料金が安いのは安価なパーツが使われるからでしょう。とことんパーツの素材にこだわりたければ、日本ロレックスに依頼した方がよいでしょう。